2014年11月のログ

 

2014 . 11. 29

 

製糖工場前、イリゴチ
天気:晴れ時々曇り、海況:良い、
透明度:イマイチ、水温:25〜26℃

昨日今日と夏が戻って来た様なお天気である。
もちろん半袖でオーケー、海日和、気分も最高!!
昨日はゲストが無く、スタッフのみで調査に行って来ましたが、
今日は久し振りのお仕事ですなぁ...。
冬のこの季節にこのお天気はラッキー、きっと強運の持ち主なのだ。

しかし水は今ひとつ、すっきりしないけれど。
いつもの様に、「潜れただけでも良し」としなくては、ねぇ。
そうそう、そろそろイソマグロの季節がやって参りました。
本日は9本の群れで現れて、なかなか良い感じであった。

太陽とキラキラの泡にときめく。

本日は何となくハゼ達を。
じっくり見ると美しい。

上はクビアカハゼである。
こちらはハタタテシノビハゼ。

 

 

 

2014 . 11. 25

 

イリゴチ
天気:晴れのち曇り、海況:とても良い、
透明度:イマイチ、水温:26℃位

本日もゲストなし、でも海況はとても良い。
こんな時に海に行かないでどうするのだ!?
と言う訳で、またまたスタッフのみで海に行って参りました。

ポイントはイリゴチ、まぁいつもの...ではありますが。
遊びで潜るのと仕事で潜るのとはやはり違う。
久し振りに隠れ根まで遠征して、何も気にせず楽しんで来たのだ。
お客様には申し訳ないけれど、やっぱ楽しいぜ、海は。
まったくフリーなこの感覚、わかるかなぁ?

緩い潮がかかる中、
フヨフヨと隠れ根まで泳ぐ。

メインはキミに会いに。

ケラマハナダイのオス。
時間がもっと欲しいなぁ。

根の上に戻って来てから。
目が合ったので...ホシゴンベ。

ウルトラマンがいっぱい。

 

 

 

2014 . 11. 24

 

ニシの浜沖
天気:晴れ時々曇り、海況:良い、
透明度:イマイチ、水温:26℃位

連休最終日、移動日に当たるこの日にゲストはいないのだ。
でもお天気は良い、って言うなんか上手くいかないよねぇ...。
よって本日もスタッフオンリーダイビングであります。
こんな時には普段行かない所へ、ってなるのが普通だけれど、
なんかいまひとつ水が良くないし、どうしようか?
で、いつものニシの浜沖で、とにかくじっくり潜って来たのであります。
今のうちに撮りたいコもいたのでね。

撮りたかったのはこのコ。
ハマクマノミの子供なんだけど。

背びれと尾びれの上に白線が。
消えてしまう前に撮りたかったのだ。

あとはまぁ、
ヨスジフエダイ見たりとか。

ウミウシも、定番のヤツだけど。
シライトウミウシ。

モザイクウミウシも。

ナンヨウハギもまだまだ健在。
デバスズメダイも一緒に。

トンネルの出口はアオ。
って言っても今日は水が悪いけど。
それでもトンネルの中には
こんなサカナも。

ツバメタナバタウオ。

 

 

 

2014 . 11. 23

 

イリゴチ、ニシの浜サンゴ
天気:晴れ時々曇り、海況:まぁまぁ、
透明度:まぁ良い、水温:26℃位

本日は久し振りに高速船は朝から通常運行。
昨日とさして変わらない気がするのだけれど...ま、ありがたいね。
しかしこんな状況ではゲストが増える訳は無いよね。
本日もリピーターの方と2ダイブ。
気心の知れた方との、自分も楽しめるダイビングは、本当に楽しい。

イリゴチと言えばチンアナゴ。

それからハナゴンベ。

ニシの浜サンゴ。

いつもの風景をのんびり堪能。
こののんびりって、
いつでも出来る訳ではないのだ。
お客様に感謝、なのだ。

 

 

 

2014 . 11. 22

 

イリゴチ3の根、ニシの浜沖
天気:晴れたり曇ったり、海況:まぁまぁ、
透明度:まぁ良い、水温:26℃位

引き続き朝と夕方の船が欠航、どうしてこんなに船が来ないのか。
例年と比べてとくに悪いと言う事もないのだけれど。
この分だと冬場の波照間は、文字通り孤島になってしまうなぁ。

昨日と同じく、お昼の便でご到着のゲストとともに2ダイブ。
リピーターの方だったし、何とか出れそう...3の根へ。
そりゃ夏に比べたらサカナは少ないけど、でもやっぱ楽しい、ここは。
とくにハナダイ好きな方にはたまらんと思うのだ。
フタイロハナゴイにケラマハナダイ、そしてカシワハナダイ。
ハナダイではないけど、ハナダイダマシにハナダイギンポ。
深いならではの、他には無い魅力があるよな。

3の根、水深26メートル。
とは感じられないこの感じ。
いつでも行ける訳ではないけど、
だからこそ良いのだ。

キンメモドキが右往左往する。
スカシテンジクダイもキラキラ。

ゲスト待ち、
のアカシマシラヒゲエビ。

美しいフタイロハナゴイ。

ニシハマ沖は今もこのコ達。
2匹仲良くサンゴの上を遊ぶ。

当たり前のサカナも、ゆっくりと。

 

 

 

2014 . 11. 21

 

イリゴチ、製糖工場前
天気:晴れのち曇りのち雨、海況:まぁまぁ、
透明度:あまり良くない、水温:25〜26℃

まさかの朝の高速船欠航であった。
昨日から動き始めたし、今日は順調に...と思っていたのだ。
ダイビング出来る程の状況なのに、なんで?欠航??
何とか昼の便が出て、午後から2ダイブしてきたのだが。
またまた夕方の船は欠航で、どうしたことか。

いろいろと不満は募るけれど、とりあえず今日の海。
確かに風は若干強いものの、問題なし。
水が悪かったのが残念ではあった。
古いストロボが使える事が判明したので、コンデジに付けて撮影。
なのでおサカナもきれいに撮れる様になったのだ。

ふよふよと泳いでおった
サザナミフグ。

ちびっこのカクレクマノミ。

セジロクマノミの正面顔。
個体に寄って表情が違うのだ。
良〜く見てみよう。

 

 

 

2014 . 11. 20

 

天気:晴れたり曇ったり、海況:まぁまぁ、
透明度:まぁ良い、水温:26℃位

ここしばらく高速船の欠航が続き、ゲストも到着出来ず。
開店休業が続いておりました、しんどいねぇ。
「あれ、今日船来たら仕事出来たのに?」なんて日もありまして。
なかなか厳しいなぁ、やっぱり波照間は。
そんな訳ですっかり冬のお天気になって参りました。

本日久し振りに高速船が通常運航になり、
明日からはどうやら無事に営業出来そうなのであります。
しかし今日もお天気良いし、風も随分治まって来たし...。
と言う訳で久し振りのポイント開発に行って参りました。
なんて言っても実は自分が楽しみたいだけなんだけどね。

とても浅い所でサンゴを満喫。

癒されて下さいませ。

日が出てくると色もはっきり。

きれいな砂地でぼんやり、も良い。

ふう、
やっぱ波照間の海は最高。

 

 

 

2014 . 11. 12

 

イリゴチ、ニシの浜沖、ニシの浜サンゴ
天気:晴れのち曇り、海況:まぁまぁ、
透明度:良い、水温:26℃位

またまた随分サボっておりました。
ちょいといろいろ、まぁまぁなんかしらありまして...
なんていつもの言い訳で済みません。
10月は随分台風に泣かされ、最近は既に冬のお天気であります。
海況は時々良い、後はあまり良くないか良くないか。
厳しい季節になって参りましたなぁ。

明日はまた波が3mの予報で、潜れるかどうか?微妙。
そんな訳で船が出せる本日中にとりあえず3ダイブしてきました。
水はここの所まぁアオいし、気持ち良かったけれど、
上がって来てから寒いねぇ...そろそろ。

イリゴチ、
元気なチンアナゴを見てきた。

そしてアザミサンゴもね。

ニシハマ沖。
最近は時化が多いから砂は真っ白。

いつもの様に小物を。
まずはナマコマルガザミ。

そしてやっぱりウミウシ。
モザイクは定番だけど画は久し振り。

どこからソフトコーラルで
どこからウミウシかわかるかな。

パイナップルウミウシ。

日中の陽射しは最高だった。
水も泡もキラキラでいいね。
海って気持ち良い〜。

3ダイブめはサンゴ、サンゴ。

んでカメが寝てました。
起こしちゃったけどね...。