2014年9月のログ

 

2014 . 9. 30

 

イリゴチ、大泊浜前
天気:晴れ時々曇り、海況:まぁまぁ、
透明度:潜った所は良い、水温:29℃位

昨日までショップツアーの団体様が入っており、ちょっとサボりました。
3ダイブ希望も何とかこなして来たけれど、いかんせん水が悪い。
あぁ...ストレス溜まるなぁ...。
水さえ良ければどこに潜っても楽しいんだけどなぁ...。

さてさて、本日の海。
リーフの外は水が回復していたので、ポイントを選びつつ2ダイブ。
イリゴチは昨日とはうってかわって水が良くなった。
大泊もウネリが少し治まって来たので、まぁ楽しかったかな。
次の台風の動向が気になる所ではあるけれど、行ける限り海に行こう。

青い水、そして太陽。
泡もキラキラ、キレイだね。
イリゴチ。

1日で水が入れ替わる。
やっぱり外洋に面しているからね。

昨日元気無かったけど、
今日はイキイキしていました。
チンアナゴ。

大泊浜前。
まだ若干ウネリあり。

サンゴの隙間に眠っている、
ホワイトチップ。

 

 

 

2014 . 9. 27

 

イリゴチ、ニシの浜沖
天気:晴れのち曇り、海況:ちょっと厳しくなって来た、
透明度:まぁまぁ、水温:28℃位

昨日あたりから北よりの風が吹きはじめ、グッと秋が深まって来た。
何だか涼しくて、ちょっと寂しい感じである。
海も風波が立ちはじめて来て、何だか辛いなぁ。
暇な時ならどうってこと無いけれど、本日より団体のゲストが...。
あぁやれやれだ、明日からの海が良くなると良いのだけれど。

そんな訳で忙しかったので画は昨日のイリゴチ、
と本日の午前のイリゴチ。

まずは昨日の。
わくわくする世界へようこそ。

そして本日の。
団体のゲストが到着する前に、
のんびりと潜って参りました。
まぁでもなかなか楽しかった、
と思うけどな。

 

 

 

2014 . 9. 25

 

大泊浜前、イリゴチ3の根
天気:晴れ時々曇り、海況:まぁ良い、
透明度:良い、水温:28℃位

本日もインリーフの水が悪く、のんびりダイビングは断念。
それでも海況はまずまず良いし、潮も無いので何とかポイントを選べた。
大泊は潮の無い割にはグルクンなんかが元気だったし、
3の根はやっぱりいつ潜っても楽しい...やっぱり別格なのだ。

明後日からしばらく忙しくなるのでまたまたログをサボると思います。
明日までは出来るだけ更新しないとね。

まずは大泊。
前半はゆっくりとサンゴを。
根の上に広がる自然の美しさ。

後半はダラダラと、
砂紋の美しい砂地を移動。
これまた自然の造形美である。

楽しかった3の根。
誰かストロボプレゼントして!
もっと良い画が載せられるのに。

 

 

 

2014 . 9. 24

 

イリゴチ、イリゴチ南
天気:晴れ時々曇り、海況:まぁまぁ、
透明度:まぁ良い、水温:29℃位

またまた久し振りの更新です、だって海自体が久し振りだしね。
最後に潜ったのは18日、この日は画が撮れずにサボりましたが...。
翌日にはすでに新たな台風の影響で高速船が怪しくなってしまった。
そしてその後はしばらく台風休みで、本日久し振りの海であった。

それでもまだインリーフはウネリの影響を受けて水が悪い。
のでリーフの外で2ダイブ、しかし水は少しずつ回復して来ているのだ。
明日はインリーフでののんびりダイビングを期待したい。

イリゴチ。
沖側の水はまぁ良くて助かった。
チンアナゴもまぁまぁ出てたし。

イリゴチ南。
久し振りですね、ここは。

珍しく潮が無くて快適、
水もイリゴチよりも良かった。

 

 

 

2014 . 9. 16

 

イリゴチ、製糖工場前
天気:晴れ時々曇り、海況:まぁまぁ、
透明度:悪い、とくにインリーフ、水温:29℃位

一昨日は島の行事がありお休みを頂きました。
昨日はと言うと、思った以上に台風のウネリがキツく入っていたのだ。
海の中はぐしゃぐしゃで、これはどうにも...ならんでしょう。
よって、何だか久し振りの2連休を頂きました。

朝起きてみれば随分ウネリは治まって来ている。
まぁ何とか潜れる様になって来たかな、と言う事で出航。
けれどイリゴチはまぁ良いとして、インリーフはまだまだであった。
砂がまき上がり、これはとても波照間の海とは言えない...。
それでも何とか出来る範囲で2ダイブしてきたのであります。

ウネリも残るイリゴチ。
それでもチンアナゴが...
もちろんちょこっと、だけどね。

 

 

 

2014 . 9. 13

 

イリゴチ、ニシの浜沖
天気:晴れのち曇り、海況:良い、
透明度:とても良い、水温:28〜30℃

それにしても本当に今年は良いお天気過ぎるなぁ...。
と思っていたけれど、やっぱり台風が発生したのである。
予報ではフィリピンを抜ける事になっている、大きな影響は無いだろう。
しかし明後日の波予報は3m?4m?と微妙な所である。
ダイビングは3mを超えると難しいし、高速船も4m越えたら欠航する。
と言う状況ですので、明日は細かくお天気チェックをしなくては。

さて、本日の海です。
透明度はここの所安定してとても良い、ポイントにも寄るけど。
そして潮の動きがちょっとおかしいのが難点だけれども。
今日も水も良いしお天気もまぁまぁだし、楽しく潜って来たのである。

青い水と、泡と、ヒト。

キラキラのサカナ達が楽しい。

真っ赤なイソバナは、
ちょい潮有りでポリプ全開。

ハナゴンベ、美しいな。

潮の当たる所には、
テングハギモドキの群れ。

 

 

 

2014 . 9. 10

 

製糖工場前、ニシの浜沖
天気:晴れ時々曇り、海況:良い、
透明度:まぁまぁ、水温:28℃位

本日のゲストは1名様のみ、なのでのんびりダイビングでありました。
ブランクもちょっとある方だったので、インリーフで2ダイブ。
水もまぁまぁ良いし、今はどこに潜っても楽しいしね。

明日は今のところ久し振りにお休みの予定です。
急なゲストが入らなければ...午前中に庭の掃除を済ませてしまいたい。
そして午後からはちょっとゆっくり出来るかな??

昨日サボった分と今日の画で更新。

ニシハマ沖。
砂地がやっぱりきれいである。
陽射しも気持ちが良い。

んで、やっぱり小物なのだ。
オオエラキヌハダウミウシの顔。

テンテンコノハミドリガイ。

そして本日のカラスキセワタ。
かなりむっちりのビックサイズ。

 

 

 

2014 . 9. 8

 

イリゴチ、ニシの浜、ニシの浜沖
天気:晴れ時々曇り、海況:良い、
透明度:とても良い、水温:28℃位

リーフの外の潮が速い、昨日までとは全く違う海になってしまった。
人数も多くないし3の根へ向かったけれど、結局断念したのだ。
せっかくの3の根日和も自然の力には逆らえませんなぁ。
久し振りの3の根を楽しみにしていたんだけれどね。

まぁ無理してもしょうがないので、いつものポイントでのんびりしよう。
とは言えイリゴチも相当流れていましたが...。
あとはちょっと水温が下がって来ております。
サンゴの白化が気になっていた所なので、これはいいニュースかな?

イリゴチ。
水面と水底が流れがある。
サカナが元気で良いのだけれど。

クロヘリシロツバメガイ。
いつ見てもきれいなウミウシ。

ニシの浜、光が気持ち良い。
水も良くてダラダラ60分ダイブ。

自分の影がこんなにくっきり。
ほにゃほにゃっと脱力感。

+

 

 

 

2014 . 9. 7

 

イリゴチ、製糖工場前、ニシの浜沖
天気:晴れ時々曇り、海況:まぁまぁ、
透明度:良い、水温:30℃位

近くに出来た熱帯低気圧(台風になった様だ)のせいでなんか変な風。
若干の風と波はまぁ我慢しましょう、潜れるのはありがたい事だ。
透明度の良さも何だか引き続き続いているし、インリーフも楽しい。
ストレスの無い海って最高だよなぁ...。
水さえ良ければどこに潜っても本当に楽しいと思うんだよね。
ゲストのすべてがそうではない事がちょっと残念だけれど。

本日のゲストは何だか皆さま楽しんで頂けたようで何よりである。
海が良い時には潜るって、それだけでも気持ちが良いし。
あとはもうガイドとの相性次第なんだよなぁ。
マクロ系のゲスト、の方がウチにはどうも合うらしい...と思う。
意識している訳ではないが、大物狙いが無い分、どうしてもね。
もちろん大物が出てくれたらうれしいけれど。
自分だって大物が嫌いな訳ではない、見られたら本当にうれしい。
でも今ここにいる生き物を、じっくり見るのも悪くはないもんだ。

イリゴチ。
何だか下がダラダラと流れていた。

製糖工場前にて。
オオコノハミノウミウシ、が。

こんなに集まっていたのだ。
数えてみたら6個体、気持ち悪っ。

その後見たらなんか可愛く思えた、
ヒョウモンツバメガイ。

 

 

 

2014 . 9. 6

 

ニシの浜沖、製糖工場前
天気:晴れ時々曇りちょっと雨、海況:まぁまぁ、
透明度:とても良い、水温:30℃位

昨日あたりからグッと透明度が上がって、どこに潜っても気持ちが良い。
熱帯低気圧の影響か、お天気は安定しない感じではあるが、
それでもまとまった雨が降ることも無かったのである。
午後からはやってくる雲と共に、若干風が強まって来たので、
本日はインリーフでのんびりダイブでありました。

とくに午前中は晴れ〜!
太陽が気持ち良い。

ニシハマ沖の砂地。
影がくっきり映っていますね。
水もとてもアオいし、
何だか力が抜けちゃうなぁ。

サンゴに集まっている
キンセンイシモチ。

ウミウシももちろん。
オオエラキヌハダウミウシやら。

定番のモザイクウミウシ。
でもなんか久し振り?

もっと定番のシライトウミウシ。

そしてケリドヌラ・ワリアンス。

 

 

 

2014 . 9. 5

 

先日の時折スコールが降った日以外、ここの所本当に良い天気だ。
何だか怪しげな熱帯低気圧も、こちらにはほぼ影響は無い模様。
少しウネリが入ってきそうだけれど、まぁ問題ないでしょう。

海が良いし、仕事も落ち着いて来たし...。
と言う訳で体験を受けはじめたら、3日連続続いてしまった。
今日は午前、午後ともに体験続きで画が撮れませんでした。
昨日ちょこっと撮った画で、本日は更新。

イリゴチ3の根、ニシの浜沖
天気:晴れたり曇ったり、ちょっと雨、海況:良い、
透明度:良い、水温:30℃位

大きな雲が来ると時折風が強まる様なお天気であった。
基本的にはほぼべた凪だったのだけれど。
とくに午前中はとても静かであった、久し振りの3の根へ。
残念ながら体験があったため画は無いけどね。
午後はいつものニシハマ沖。

水は悪くないですね。
砂地をダラダラ...楽しい。
残念ながら
カエルアンコウが見つからず。
次回もう一度探そう。

ナマコマルガザミ。

 

 

 

2014 . 9. 3

 

イリゴチ、製糖工場前、大泊浜前
天気:曇り時々晴れ、海況:良い、
透明度:まぁ良い、水温:30℃位

本日も良いお天気、そしてべた凪の海でありました。
水温も高くて暑いくらいであるのだけれど、
陽射しは少し秋めいて来たのかなぁ...。
やっぱり夏本番!!って言う感じは無くなってきましたなぁ。

ファンダイビングのご予約はいったん少なくなって来たので、
体験のご予約を受けはじめたらこれが毎日続いております。
ありがたい事なのだ。
今日も午前は体験があったので画がありません。
午後の大泊からの画で更新。

水はまぁまぁ。
定番の小物がたくさんでした。

まずはニシキツバメガイ。

タンジェリン、
キヌハダウミウシの一種。

そしてシライトウミウシ。

 

 

 

2014 . 9. 2

 

またしばらく忙しく、画が撮れずにログをサボっておりました。
しかしもう9月か...、夏も終わりですなぁ。
それにしても今年は、8月半ばから良いお天気続きであります。
あまりにも良過ぎて恐いくらいだ。

それでも予約状況はやはりだんだん落ち着いて来てしまった。
本日は体験のみだったので画が無いのであります。
昨日サボったログを更新。

イリゴチ、ニシの浜沖、製糖工場前
天気:曇り時々雨、海況:とても良い、
透明度:いまひとつ、水温:30℃位

時折ザーッとスコールの様な雨が降るお天気であった。
けれど海況はものすごく良くて、元気に3ダイブ。
時折陽射しも入って、水はイマイチだったけれどまぁ良しとしよう。

イリゴチはまぁまぁアオいか。

ニシハマ沖は何だかぼんやり。

それでも小物が楽しかった。
これはクロへリアメフラシ。

そしてここでは今はこのコだ。
何でそんな不自然な体勢に??

おかげで見つけにくかった。
次回も会えると良いな。