2014年5月のログ

 

2014 . 5. 31

 

ニシの浜沖、イリゴチ、製糖工場前
天気:曇り時々晴れ、海況:まぁ良い、
透明度:良い、水温:26〜27℃

ここのところまとまった雨がない波照間島。
天気予報はあまり、というか全然当てにならない状態である。
本日も午後から雨の予報が、夕方ぱらりと落ちて来たのみ。
お湿りにもならない程度で雨は終了であった。

お天気も海況もまずまずなのだが、最近潮の流れがなんだかおかしい。
今日もリーフの外は潮が走っていたので、ポイント選びは難しい。
朝はイリゴチをあきらめ、最近楽しいニシの浜沖へ。
そして午後からは体験も入っていたので、画は午前中のもの。

ファンのゲストは2名のみ。
今日ものんびり小物づくし。

ハナミドリガイに。

ホンオトメウミウシ。

シライトウミウシ。
今日は定番が多いな。

これはちょっと久し振り。
ハラックサウミウシ。


 

 

2014 . 5. 29

 

ニシの浜沖、製糖工場前
天気:曇りのち晴れ、海況:良い、
透明度:良い、水温:26〜27℃

本日も夏の様なお天気、こんなに良い日が続くと不安になるのは...
貧乏性のせいなのであろうか??
水も相変わらずアオくて、毎日海日和である。
このまま夏突入であれば良いのだけれど、明日は雨の予報かな。
でも最近予報が当たらないので、明日もきっと良い日だ。

と言いつつ明日はぽっかりとお仕事がないのである。
たまっている陸仕事を片付けないといけないけれども。
お天気が良いと気が進まないんだよねぇ...遊びに行きたいじゃん。
だって海が良い季節なんだもの。

今日もやっぱりニシハマ沖。
初夏の季節のここは言う事なし。
砂地が白くて美しい、
小さい生き物も楽しい。

午後からの製糖工場前。
太陽が登場、光がいっぱい。
ほにゃほにゃっと潜って来た。

砂地を歩いていたウミシダ。

ピグミーちゃんがあら、ペアに!
この広い海で、
どうやってお相手を見つけるのか?

ウミウサギガイです。
意外と見つけるの難しいよね。

ヒョウモンツバメガイ。
このヒトも目がある、わかるかな。


 

 

2014 . 5. 28

 

ニシの浜沖
天気:晴れ時々曇り、海況:良い、
透明度:良い、水温:26℃位

またなんかしばらくサボっちゃいましたね...すみません。
それにしてもここの所、最高のお天気が続いているのだ。
多分波照間だけ梅雨明けしたんじゃないの?
水も良いし、なにやら楽しい毎日なのであります。

こんなに良いお天気なのに本日のゲストは1名様のみ。
しかも午前中1ダイブのみで終了。
そして昨日も今日もニシの浜沖へ行ってきました。
今の季節はここが最高に楽しい、とくに水がアオい日にはね。

まずは昨日サボったログから。
ここもニシハマ沖です。

そして昨日見たウミウシ。
ユビウミウシでした。

ここからは今日見たウミウシ。
クロヘリシロツバメガイに、

アユカワウミコチョウは
昨日もいました。

今年は良く見かけるな。
ケリドヌラ・ワリアンス。


 

 

2014 . 5. 24

 

イリゴチ、製糖工場前
天気:晴れ時々曇り、海況:まぁ良い、
透明度:良い、水温:25〜27℃

昨夜はちょっとまとまった雨が降って、本日は朝から蒸し暑い。
空はだんだん夏っぽくなり、モクモクの雲も良い感じだ。
今日も言っちゃうけど良い季節がやっとやってきましたよ。
海も陸も最高! さぁいっぱい遊ばなくては!!

本日は午前中ちょこっとだけ忙しかったけれど、
午後はゲストが一気に減って、かなりのんびりまったりダイビング。
ちょっと珍しいサカナなんかもいて、ゲスト以上に楽しんでしまった。
ちょっと反省、でも自分が楽しい時にはゲストも絶対楽しいのだ。
これは間違いない法則である。

イリゴチ、緩ーく潮有り。
チンアナゴもグルクンも良い。

こちらは皆さんで
アザミサンゴを見てるの図。

さぁ午後からの製糖工場前。
ウミウシもたくさんいたけど、
本日はおサカナで。

こちらは顔のアップです。
ゴルゴニアンピグミーシーホース。
あぁ可愛すぎる...。

1.5センチ位のカエルアンコウ。
これまた可愛すぎる...。
バイカナマコに付いていました。

このバイカナマコ、人気者で。
でっかいウミウシカクレエビも。

カエルアンコウより全然でかい。
さらにナマコマルガザミもいたのだ。


 

 

2014 . 5. 23

 

ニシの浜サンゴ、ニシの浜沖
天気:曇り時々晴れ、ちょこっとだけ雨、
海況:良い、透明度:良い、水温:26℃位

随分とログをサボっておりました、申し訳ない。
しばらくパタパタと忙しい日が続き、画が撮れなかったのである。
言い訳はさておき、梅雨入りした沖縄地方でありますが、
梅雨入りしたものの波照間は意外と良いお天気が続いております。
時折ザッと降るものの、ダラダラ雨の一日にはならないのだ。
まぁ毎年梅雨入りするとこんな感じで、割と良い海なのであります。

水温も一気に上昇して、海中も快適に過ごせる季節になった。
幼魚もどんどん増えて来て、何やら楽しい。
ログは一昨日サボった画からと、そして本日の画。
ウミウシも良い季節で、お好きな方には逃せない時機ですぞ。

まずは一昨日の画、イリゴチ。
イリゴチと言えばこの方々。
チンアナゴ、可愛いなぁ。

根の上にはグルクンがわさわさ。

一昨日のニシハマ沖。

ここはやっぱりマクロモード。
モンジャウミウシに。

まさにウミウシ顔、
のクロへリアメフラシ。

流れにがんばって耐えていた、
リュウグウウミウシ。

これは今日のニシハマ沖。
ちょっと陽射しが...うれしい。

今日もマクロで申し訳ない。
コールマンウミウシ。

定番のタンジェリン。
キヌハダウミウシの一種です。

もう和名は付いたのかな?
ケリドヌラ・ワリアンス。

アユカワウミコチョウ。
個人的にはとても好きなウミウシ。

砂地でなにやらふわふわしてた、
サザナミフグ。


 

 

2014 . 5. 12

 

ニシの浜沖、ニシの浜サンゴ
天気:晴れ時々曇り、海況:良い、
透明度:まぁ良い、水温:24℃位

3日前位から潮の速い状態が続いている。
リーフの外はかなり速め、インリーフも何だかダラダラと流れている。
ゲストは2名、潜れる方々だし...と2本めは3の根へ。
でも潮が速過ぎてアンカーがかからずに断念、んで残念。
だけど浅い所のダラダラダイブもなかなか楽しかったのである。

さぁ明日はどこに行けるかなぁ。
少しでも潮の流れが治まってくれたら良いのだけれど。

画は午前のニシハマ沖。
目はもう既にマクロモード。

この柄のヒラムシは初めて。

びみょ〜な所につかまっていた
シライトウミウシ。

クロヘリシロツバメガイ。
このコの目も小さくて可愛い。

タンジェリンは交接中。

アユカワウミコチョウ。

ツツウミヅタから白いツブツブが。

正確には産卵ではなくて
幼生放出らしいけど、
タマゴにしか見えないね。


 

 

2014 . 5. 11

 

連休明け、忙しいのもちょっと一段落。
けれどリピーターの方とかもいらして下さって、まぁお仕事してました。
ありがたい事ですね...ログはサボってしまいましたが。

本日はぽっかりとなんだか仕事が無くて、おかげで一休み。
たまっていた事務仕事やらなんやらをすませていたら、
あっという間に1日が終了してしまった事にもちょっとびっくりだ。
さぁ明日はまたお仕事であります。
たまっている画像をここらでとりあえず更新しておこう。

ウミウシではありません。
イボウミウシに擬態してる
ヒラムシ君です。

イリゴチ南。
水はまぁまぁだけど、やっぱ暗い。

プリプリのイソギンチャクエビ。

ムラサキウミコチョウ。

これは昨日のニシの浜。

ハマクマノミがいっぱい。

そしてこのエイ、
いまだに名前が不明なのだ。

ブルーのラインがきれい、
アオフチキセワタ。

今もいますぜ、
可愛い(?)オオコノハの子供達。


 

 

2014 . 5. 7

 

イリゴチ、ニシの浜沖
天気:曇り時々(?)雨、海況:まぁ良い、
透明度:良い、水温:24℃位

久し振りのログの更新であります。
ゴールデンウィークはと言うと...梅雨入りでお天気はイマイチ。
さらに昨日一昨日と海が時化て潜れなかったのだ。
高速船も来ないし...やれやれだな。
連休後半のゲストの方々、せっかくお越し頂いたのにすみませんでした。
また懲りずに波照間へいらして下さい。

連休も昨日で終わり、今日はゲスト3名様のみ。
朝から雨が降ったり止んだりだったけれど、潜れたから良しとしよう。
水も結構きれいだったしね。

水は悪く無いんだけど暗いな。
でもチンアナゴが元気だったし、
グルクンもそこそこ群れてたし、
なかなか楽しかった。

幼魚達が可愛い盛りです。

ピンが甘いけどアオギハゼ。
ニシハマ沖のトンネルにて。

こっからはウミウシずくし。
ミドリリュウグウウミウシ。

アユカワウミコチョウ。
砂粒が大きく見えるな。

いつものタンジェリン。

ホンオトメウミウシのアップ。

クロへリアメフラシ。

このヒトのアップも楽しいぜ。
この目って見えてるんだろうか?