2014年3月のログ

 

2014 . 3. 28

 

製糖工場前、イリゴチ
天気:曇りのち晴れ、海況:まぁ良い、
透明度:所により、水温:22℃位

今日は暖かいを越して暑いくらいの陽気であった。
またまた朝までは雨が降っていたものの、日中はカンカンの陽射し。
おかげで蒸し暑く半袖日和である、もうなんか夏だったのだ。
水温が低くてもこれなら頑張れるよなぁ、気持ちも盛り上がるし。
明日はさらに暑い予報だけど、体験が2件なので更新は出来ないかな。
でもこんなに良いお天気で初めてのダイビングが出来たら最高だね。

画は午後からのイリゴチ。
インリーフの方が水が良かった。
うすぼんやりな海、残念。

ハタタテハゼは普通にいる。
けどきれいなサカナだよね。
嫌いな人はいないと思うよ。


 

 

2014 . 3. 27

 

イリゴチ、製糖工場前×2
天気:曇り時々雨、海況:良い、
透明度:良い、水温:22℃位

今日は昨日よりもさらに暖かい、穏やかな南風がうれしい。
昨夜はかなりドバーッと久し振りの雨で、今日も時折雨ではあったけど、
まとまった雨になったのは夕方からだったし、
日中の陸上は汗ばむくらいの陽気であったので良しとしよう。
水温は相変わらずだけど、陸上が暖かいだけでも快適なのだ。

本日のコースは体験を含めて3回の出航。
なので画は午後からのファンのみだけど、ちょっと頑張って撮ったのだ。
水も良いしなかなか楽しい海だったのである。

あら、可愛いサイズのあいつが。
と思ったら...。

周りにいっぱいいて笑ったな。
ここに写ってるだけで3個体。
10個体以上はいたと思うよ。

多分キミが親だね。
オオコノハミノウミウシだ。

ムチムチのキャラメルウミウシ。

画面中央にいるんだけど...
何かわかるかな。

はい、コブシメのアップ。
威嚇しているのであります。

本日の親子つながり2つめ。
さてこのツブツブは?

ソフトコーラルの裏にびっしり。

この方々のタマゴである。
ウミウサギガイ。


 

 

2014 . 3. 26

 

イリゴチ3の根、ニシハマ沖
天気:曇り時々雨、海況:良い、
透明度:所により、水温:22℃位

陸上は時折雨ながらも、南風が肌に優しい本日。
しかし相変わらず水は冷たいのであった。
いつもこんなに寒かったっけ...と過去のログをチェックしてみた。
すると去年も一昨年も24℃もあるではないか。
先日の20℃と言うのは本当に異常だったのだな...。
先日に比べれば少し上がったとは言えまだまだ冷たく、
浅場のロングダイブとなると途中でくじけそうだ。

しかしそうも言ってられまい。
昼休憩をゆっくりとって暖まり、なんとか2ダイブ行ってきたのだ。
しかし2本目はインリーフで長かったので、やっぱり冷えきったなぁ。

久し振りに結構たくさん画が撮れたので長ーいログであります。

海況が良かったので3の根へ。
水はインリーフの方が良かった。

そうはいってもやっぱ楽しいぜ。
キンメの子供がいっぱい。
もう春なんですなぁ...。

キラキラきれいであります。

ヒョウモンウミウシ。
久し振りで名前が浮かばんかった。

グルクンもいっぱいだなぁ、
気持ち良い。

ここからはニシハマ沖。
頭隠して尻隠さず。

この先ずーっとウミウシ。
おイヤな方は飛ばして下さい。
まずはモンジャウミウシ。

色が可愛いセンテンイロウミウシ。

リュウグウウミウシ。

今日もあちこちにたくさんいた
ホンオトメウミウシ。

定番、コールマンウミウシ。


 

 

2014 . 3. 25

 

イリゴチ、大泊浜前
天気:晴れ時々曇り、海況:まぁ良い、
透明度:良く無い、水温:22〜23℃

ログの更新はサボっておりますが、連日潜っております。
今年は早い季節からお仕事が動いていて良いことですなぁ。
お天気のおかげもあるのだろうけれど。

本日も初夏の様な暑さ、風も南風になったので心地よい。
水温も若干上がって、ちと頑張って午後から2ダイブしてきた。
でも透明度はなんかまた悪くなってるなぁ...。
そして続けて海に入ると、やはり結構堪えますなぁ...。

君は寒くは無いのかい、
イソギンチャクエビさん。


 

 

2014 . 3. 22

 

イリゴチ、製糖工場前
天気:曇り時々晴れ、海況:あまり良く無い、
透明度:まぁ良い、水温:21℃位

一昨日の夕方からまた冬に逆戻り、昨日は北風が強く中止であった。
今日はまだ厳しいながらも、海へ。
透明度は随分良くなったけれど、相変わらず水温が低いままだ。
30分もすると体が限界を訴えてくるのである。
風が強くてボートの上も寒いしな...。
明日も多分寒いんだろうなぁ。
でもまぁ仕事があると言うのはありがたいことなのだ。
ブツブツ言わずに頑張って海へ参りましょう。

画は午後の製糖工場前から。
水はこんな感じでまぁ良い。

ホンオトメウミウシは
今なんかやたらいるのです。


 

 

2014 . 3. 17

 

イリゴチ、製糖工場前
天気:曇りちょっと雨のち晴れ、海況:良い、
透明度:まずまず、水温:21℃位

更新はサボりがちながらも今年の3月は意外と海に出ている方だ。
仕事があると言うことはありがたいことであります。
ゲストの方々に感謝、海にももちろんとても感謝。
海があっての私どもの仕事なのであります。

さて、本日の海。
昨日よりも透明度が上がって来たのがうれしい。
けれど水温は...上がらんね...。
今年は例年より水温が低いと思う、寒い冬のツケかなぁ。

昨日は濁っていたイリゴチ。
今日はまぁまぁアオい。

ほにゃほにゃっと。
やる気の無さげなサザナミフグ。

幼魚がね、今可愛い盛りなのだ。
寒いのに頑張ってるよね。


 

 

2014 . 3. 16

 

製糖工場前、イリゴチ
天気:曇り時々晴れ、海況:良い、
透明度:イマイチ、水温:20℃位

今年も冬と春とが争いつつ、季節が変わろうとしております。
お天気は難しく、良かったり悪かったりを繰り返し...。
少しずつ...少しずつ...、でももうきっとすぐに良い季節が。
そう、春はもう近いよ。

なんて言っているけど、実際には海には割と行けているのだ。
諸事情あり画が撮れない、というかまぁ更新出来ずに申し訳ない。
明日も海は良さそう、多分更新出来ると思うよ。

製糖工場前。
インリーフの水が思ったより良い。

オオコノハミノウミウシ、
アップで見てみよう。

ウミウシ続きで。
リュウグウウミウシ。

気持ち悪いけど色はキレイ。
ムカデミノウミウシ。

ニイニイミノウミウシは、
結構久し振りかな。

タンジェリンはイリゴチで。
最近たくさん見かけますなぁ。

製糖工場前のソフトコーラルに、
隠れているつもりのコブシメ。

ブルーのラインがとても美しい、
アマミスズメダイの幼魚。
春の訪れを感じさせてくれるのだ。


 

 

2014 . 3. 1

 

イリゴチ3の根、ニシの浜沖
天気:晴れ時々曇り、海況:良い、
透明度:イマイチ、水温:23℃位

ここの所良いお天気でありました。
しかし残念ながらノーゲスト、スタッフでぼちぼち潜っておりました。
お天気が良い時には海に行かないとね〜。
けど画は撮らなかったので、またまた随分サボっておりましたな。
あれあれと言う間にもう3月であります。

今日は素晴らしい南風、肌も心も喜んでおりました。
良く来て下さるお客様と一緒に、楽しく海で遊んで参りました。
しかし1時間近く潜ると...体が冷えるな...。

キンメモドキの群れ。

行ける時に行っておこう、
と言う訳で久し振りの3の根。

間抜け顔のハナダイギンポ。

ニシハマ沖も久し振り。
小物達を、タンジェリン。

ヒラムシっていつか
詳しい名前つくのかな??

これは先日見たコブシメ。
最近あまり見なくなったよなぁ。