オオウミウマ(港内)

港の水面をプカプカと漂っていた、急いでカメラをセットして静かにシャッターを切る。
バックが暗く落ちたのは意図した訳ではないが、うまい具合の露出となった。ピンが甘いのが残念。
凪の日で水面が油を流したように静かでこれまたうまい具合に被写体が水面に映り込んだ。
良い被写体と言い環境がそろっていい写真ができるのだが、僕の腕がいま一つだなぁ。構図が悪いよね、ピンも甘いけど。
海の生き物とは一期一会、もっと腕を磨こう。